山口県下関市の離婚手続なら

面接交渉権とは

 子供と離れて暮らすことになった親には、離婚後、子供に会ったり連絡をとったりする権利があると考えられています。これが、「面接交渉権」です。夫婦の話し合いによって、子供の福祉を害さない範囲で、自由に決めることができます。話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。

面接交渉の拒否

 面接交渉権は法律に明文化されていませんが、子供を引き取った方は理由もなく、別れた相手と子供の面会を拒否することは認められません。相手が暴力を振るったり、養育費を不当に支払わなかったり、連れ去りのおそれがあったり、子供が面会を嫌がった場合などは、面会を拒否または制限することができます。

面接交渉の方法

下記のような取り決め事項がありますが、あまり細かく決めておくとかえって現実味がないものになり、身動きが取れなくなります。現実的には月の面接回数だけを決め、その他の細かなことは適宜協議して決めるとすることが多いようです。

  • 面接の頻度と時間
  • 面接場所
  • 宿泊の可否
  • 子供の受け渡し方法
  • 行事・記念日などの過ごし方
  • 長期休暇の過ごし方
  • 手紙・メールなどの間接的な交流方法
  • お小遣い・プレゼントなど


山口県下関市の離婚手続はお任せください。
〒750-0002 山口県下関市宮田町1-7-10
TEL:083-250-5162 FAX:083-250-5163
ライト行政書士事務所 行政書士 清水信夫
日本行政書士連合会 登録番号08350546 
山口県行政書士会   会員番号1198