山口県下関市の離婚手続なら

年金分割制度

 厚生年金、及び共済年金の報酬比例部分を対象にした制度で、2007年(平成19年)4月以降に離婚が成立した夫婦に適用されます。基礎年金部分は分割できません。よって、国民年金のみに加入している夫婦は対象外です。
 この制度は、夫婦が結婚していた期間に応じて最大で50%の割合で、報酬比例部分の年金を分割できるという制度です。一般的には夫から妻へ分割されることになりますが、厚生年金額が妻の方が多い場合は妻から夫へ分割されることになります。

 

年金分割は必ず公正証書で

 年金分割は夫婦の話し合いによって、最大で50%の割合で分割することを合意できますが、ただ合意しただけでは年金分割されません。合意したことを書面にし、厚生労働大臣(手続は社会保険事務所)に分割請求をして始めて分割されます。この書面は公正証書または公証人の認証を受けた私署証書でしなければなりません。よって、年金分割をされる場合は、必ず公正証書等にしなければなりません。

年金分割には請求期間があります

 上記の年金分割の請求期間は、原則として、離婚成立の日の翌日から2年間です。2年以内に公正証書等の書面をもって、厚生労働大臣に分割請求をします。

2008年4月からの年金分割制度(第3号年金分割)

 さらに、2008年(平成20年)4月以降は、2008年4月から離婚するまでの期間、専業主婦(第3号被保険者)であった期間分の厚生年金、または共済年金の報酬比例部分は自動的に50%が妻の名義になります。


山口県下関市の離婚手続はお任せください。
〒750-0002 山口県下関市宮田町1-7-10
TEL:083-250-5162 FAX:083-250-5163
ライト行政書士事務所 行政書士 清水信夫
日本行政書士連合会 登録番号08350546 
山口県行政書士会   会員番号1198